トップ

交通事故の慰謝料は誰に相談するかによって決まる

たとえ自分が被害者であったとしても、自分の身は自分自身で守るしかありません。
加害者が守ってくれるわけはありませんし、保険会社が守ってくれるわけでもありません。
相手方の保険会社が、正しい判断をしてくれるということはまったく期待することはできないのです。
なぜなら、保険会社は、自社の利益を優先するからです。
そのため、交通事故に遭ったとしたら、自分と家族の将来のためを考えて軽々しい判断をしてはいけません。
簡単に考えて示談をし、慰謝料を受け取ったなら、その後何があったとしても抗弁することはとても難しいのです。
被害者がどのような対応をするかで、慰謝料も違ってくれば、自分や家族の将来も違ってきます。
自分に知識がないのであれば、交通事故の詳しい弁護に相談しましょう。
自分で対応をするか、それとも弁護士に交渉してもらうかで、結果は180度違ってきます。
保険会社と裁判所とでは、示談のために妥当とする金額はまったく違っていることをご存知でしょうか。
それに、示談書にどのような文言を盛り込むかによって、自分の将来も違ってきます。
後遺症を侮ってはいけません。
事故に遭った時は動転されているかもしれませんが、将来的に困らないようにしっかりと考えましょう。