トップ

この会計ソフトはクラウドコンピューティング時代の先駆け的存在

クラウドコンピューティングという考え方が流行している中、ついに会計ソフトにもその思想を導入した製品が登場しました。
つまり、クラウド側にあるサーバーに会計処理に関するデーターを蓄積して、利用するというものです。
どの様なメリットがあるかといえば、今や一般のパソコンに加えてモバイルパソコン等が普及しているので、何処からでも当該の会計ソフトを利用出来る様になったという事があります。
また、今や金融機関・電子マネー・ビジネスを提供する企業、あるいはネット通販会社等とも金銭のやり取りが可能となりました。
更に言えば、インターネットを通じて光熱費・通信費等を自動的に勘定科目に仕訳をして、振り分けをしてくれる様になった事もあります。
ですから経理作業に費やしていた時間を、大幅に削減出来るという訳です。
もし、クラウド型に対応していない会計ソフトを使用していたけれど、税制の改正等で多額のバージョンアップ料金を取られるので、無料で対応しているソフトウェアを探しているという人には好都合かもしれません。
金銭データーの移行もCSV形式でインポートする事が可能なので、一から全ての金銭データーを入力しなくても済みます。
また、スマートフォンのレシート読み込みアプリを使えば、写真撮影するだけで金額を読み取り自動仕訳してくれるので、使い勝手は良いでしょう。