トップ

ファクタリングの利便性について

ファクタリングというのは、中小企業にとって余分な借り入れをする必要もなく、経理を健全に行うこともできて、さらには取引先企業にも無理を言う必要もありません。
通常であれば、売掛金が入金されるまでのお金の入金がないわけなので、その間お金が足りなくなった場合には、銀行などからの短期融資やビジネスローンを申請して借り入れをしなければ経営が成り立たないと思います。
その場合、銀行からの融資が実行されるまでに審査があり、審査結果が出るまでに早くても1週間程度必要になります。
それでは、資金が足りなくなるといった場合に、即日資金調達が出来るファクタリングは有効的な手段です。
ただ、ファクタリングをする場合、売掛金がある会社にその取引を教えなければいけない場合もありますので、その点は確認をする必要があります。
この取引を3社間ファクタリングと言いますが、2社間で行える売掛金がある会社には知らせないで済むものもありますので、できればこちらを利用したいという企業の方は確認をしてください。
今までは銀行などから短期借入をしなければいけなかった場合でも、こういったやり方もあるといいうことです。
用途に合わせて使い分けると、非常な便利な仕組みです。http://factoring-guide.com/