トップ

新しい働き方をサポートするサービスを運営する企業

今注目されているテレワークとはどのようなものなのでしょうか。
テレワークとはICT(情報通信技術)を活用した働き方のことで、これをすることによって場所や時間に関係無く仕事をすることが出来るのです。近年、日本では政策としてこのテレワークを導入しています。
少子高齢化に伴う労働力不足に対抗するために始まった「働き方改革」は、様々な人に労働す機会を与え、そしてその労働力の効率化を図るというものになっています。

では、テレワークとは具体的にどのような分類で区別されているのでしょうか。
厚生労働省及び日本テレワーク協会では、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィスで分類をしています。
在宅勤務は自宅で、モバイルワークは移動中や顧客先など、そしてサテライトオフィスは勤務以外のオフィススペースと定義されています。

CROSS SCOOPはレンタルオフィス運営会社です。
24時間完全個室のワーキングスペースを確保できるだけでなく、セキュリティ管理として個別施錠の執務室を準備しています。
さらに、利用者の上限には溶融を持たせているため、執務室の定員以上のメンバーを利用可能です。
こちらとコワーキングスペースを組み合わせることによって効率化が最大になるというメリットもあるのです。